宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME >> トピックス >> 2014年10月30日UT現在 
イオノグラム(NICT)
イオノグラムサマリー(NICT)
TECマップ(NICT)
Pc5指数と太陽風速度(九大SERC)
Topics
2014年10月30日UT現在、サイクル24でこれまで観測された黒点群としては、最大の面積を持つ黒点群AR2192が太陽面上の南半球にあり、中規模のMクラスフレアや大規模のXクラスのフレアを発生しています。黒点群AR2192は太陽面の裏側に回りこみつつあります。[更新2014.10.30]

[参考] 過去の大きな黒点群

これまでAR2192で発生した主なフレア
10/14 1821UT M1.1
10/14 1907UT M2.2
10/16 1258UT M4.3
10/18 0702UT M1.6/SF (S13E71)
10/19 0417UT X1.1
10/20 0900UT M3.9/1N (S14E42)
10/20 1600UT M4.5/2N (S14E37)
10/20 1855UT M1.4
10/20 1953UT M1.7
10/20 2243UT M1.2/1N (S14E36)
10/21 1335UT M1.2
10/22 0116UT M8.7
10/22 0511UT M2.7
10/22 1402UT X1.6/1B (S14E13)
(10/22 1551UT M1.4)
10/23 0944UT M1.1/1F (S16E03)
10/24 0737UT M4.0
10/24 2107UT X3.1/3B (S16W21)
10/25 1655UT X1.0
10/26 1004UT X2.0/2B (S18W40)
10/26 1708UT M1.0
10/26 1807UT M4.2
10/26 1843UT M1.9
10/26 1959UT M2.4
10/27 0006UT M7.1/3B (S14W44)
10/27 0144UT M1.0
10/27 0335UT M1.3
10/27 0959UT M6.7
10/27 1412UT X2.0/2B (S17W52)
10/27 1733UT M1.4
10/28 0215UT M3.4/1B (S14W61)
10/28 0323UT M6.6
10/28 1351UT M1.6/SF(S18W72)
10/29 0603UT M1.0
10/29 0954UT M1.2
10/29 1424UT M1.4/SF(S16W81)
10/29 1606UT M1.0
10/29 1847UT M1.3
10/29 2118UT M2.3
10/30 0034UT M1.3
10/30 0119UT M3.5
10/30 0417UT M1.2


SDO衛星(NASA)のHMIで10月30日2時UTに観測された太陽黒点



GOES衛星によるX線フラックス

ページトップ


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT