宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME >> トピックス >> 2014年1月7日UTにX1.2/2Nフレア発生
イオノグラム(NICT)
イオノグラムサマリー(NICT)
TECマップ(NICT)
Pc5指数と太陽風速度(九大SERC)
Topics
活動領域1944(S15W11)で1月7日18時4分UTにX1.2/2Nフレアが発生し、コロナ質量放出(CME)が観測されました。このフレアに伴い地球の静止軌道での太陽高エネルギー粒子のフラックスが800PFU程度まで増加しています。[更新:2014.01.08]


SDO/HMI(NASA)による太陽黒点の観測


SDO/AIA193(NASA)で観測されたX1.2/2Nフレア


SOHO/LASCO(ESA&NASA)によるX1.2/2Nフレアに伴うコロナ質量放出(CME)の観測。


GOES衛星(NOAA)によるX線フラックスの観測


GOES衛星(NOAA)による太陽高エネルギー粒子の観測

ページトップ


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT